<< 裏切り「姫」、民主に出戻り | main | 寝ている間に全自動で副収入が・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2011.08.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2世議員

JUGEMテーマ:ニュースに一言


公務員に「2世」が多いのは、裏で何かありそうで、なんとかしてほしいと思いますが、政治家については、少し別の面もあるのではないかと思っています。

私のイメージでは、政治家というのものが、中小零細会社みたいなもので、しかも、政党という大会社の下請けの会社。
個人が当選しても、秘書とかで何人か雇用しているはずで、個人事業主と同じ。

屋号が政治家の名前で、その名前の知られ具合で事業の継続(選挙の当落)がきまるので、会社を引き継ぐものは、同じ名字の人を充てるのが良策となってしまう。

有権者の方も、いままでの人のことを継続してやってくれる人を選ぶのに一つの判断材料にしていると思う。

ということで、政治家に屋号や法人みたいなものを認めるのはどうだろう。ちゃんと周辺を考えないと危険な面もあると思うが、世襲を減らすためには、必要かもしれないと考えた。

スポンサーサイト

  • 2011.08.04 Thursday
  • -
  • 10:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
関係サイト
ミニショップ
Amazonストア
インフォメーション
特定商取引法に基づく表記
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM